ネット航海時代

ネット航海時代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本田昌毅

朝青龍の主治医がうつ発症カウンターを開発…サラリーマンに使っても
朝青龍の主治医として知られる精神科医の本田昌毅医師(本田ヒルズタワークリニック院長)は3日、医療機器メーカーと共同で『うつ発症カウンター』を開発したことを発表した。 同機器は、液晶画面に表示される簡単な質問に答えていくことにより、あと何日 ...(続きを読む)


本田昌毅 精神科
往診した精神科医の本田昌毅氏(37)によると、朝青龍は食事がのどを通らず、眠れない状態だという。「目がどんよりとして、まともに発言ができない。表情は暗く、かわいそうだった」と述べた。今後については「一刻も早く、本人にとって最良の環境に . ...(続きを読む)


本田昌毅
それほどこたえているということを言いたいがためだろうし、つまりはその延長に「モンゴルに帰国させるべき」という結論ありきということだろう。 …とまあここまでは誰でもわかることなんだが、この「主治医」である本田昌毅医師というのは、もち. ...(続きを読む)


本田昌毅 医師のご紹介
往診した精神科医の本田昌毅氏(37)は「一刻も早く、本人にとって最良の環境に移った方がいい」と説明し、モンゴルへの早期帰国を勧めた。 本田昌毅. 朝青龍「うつ病一歩手前」 医師、モンゴル帰国勧める - goo スポーツ:NumberWeb - ...(続きを読む) ...(続きを読む)



【大相撲】“客観的な診察”を!高砂親方、朝青龍とようやく面会
サンケイスポーツ
朝青龍は前日、知人の精神科医、本田昌毅医師(37)の診察を受けたが、“客観的な見解”にこだわりをみせた。 長すぎた。ようやく師弟が直接、顔を合わせた。師匠が弟子の自宅へ足を運ぶかたちで、高砂親方と朝青龍が約20分間、直接言葉をかわした。 ...(続きを読む)


美容外科、「包茎治療」も専門だった 朝青龍「神経衰弱」診断の医師
J-CASTニュース
毎日新聞朝刊(8月6日付け)によると、医師は、「精神科医」「知人を通じて往診を依頼された東京都内の開業医、本田昌毅医師」で、「うつ病の一歩手前」「本人が望む最良の環境で休養するのが一番」などと説明した、という。 診断を出した本田医師について、多くの新聞 ...(続きを読む)


朝青龍 厳罰ショックで「神経衰弱」と診断される
AFPBB News
診断した本田昌毅(Masaki Honda)医師は、朝青龍の状態について「精神的に参っている。2、3日もこの状態が続けばうつ病になる可能性は高いだろう。一度、うつ病になると回復するのは非常に難しい」と現在の状態について説明し、最善の治療方法は?との質問には「朝青龍を ...(続きを読む)


「抑うつ」朝青龍にテリー「ヒールとして見たい。引退するな」
J-CASTニュース
土俵外の大横綱が崖っぷちだ。8月5日は都内の本田昌毅医師(心療内科)の診断を受けた。その結果「神経衰弱および抑うつ状態」と診断された。同医師によると「食事はちょっとだけスープ、あとはTVを見るか寝ているか」・・・母国モンゴルでの療養を勧めた。 ...(続きを読む)





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。